糖尿病などの危険性もある痛風の病気とは

毎年決まったような時期に足の関節部分が痛み出すことはありませんか。特に親指の付け根やくるぶし付近が赤く腫れて痛み出すのは通風の典型的な症状です。通風は以前は贅沢病と呼ばれていました。カロリーの高い食べ物を多く食する方がかかっていたためそのようにいわれていましたが、今ではそればかりではないようです。社会環境の変化などで過度のストレスが発生することも、その原因だといわれるようになりました。

食生活では尿酸値の高い人が痛風にかかりやすいため、その尿酸値の原因となるプリン体を多く含む食品の摂取を控えることも大事です。このように現代病の一つとしていわれつつある痛風に関する情報やその対処法などについて詳しく紹介しているサイトがあります。それが「痛風の悩み解決情報局」です。痛風の悩み解決情報局公式サイトはこちら糖尿病の症状について

このサイトは痛風に悩む方にとってその痛風という病気の実態や、食生活に関する注意点など、詳しく案内しています。意外と分からないのが痛風だと思ったらどの診療科目で診察をしてもらうかということです。これは泌尿器科で血液検査をしてもらうとその症状により医師から的確なアドバイスや指示が受けられるようです。

痛みが激しい場合には整形外科なども良いかもしれません。痛風は発作的な症状が多く、その時期を過ぎれば何の問題もなく日常生活を送ることが出来るのでややもすると放置しておく場合があります。また痛風は糖尿病などの合併症も起こる危険性が潜んでおり、早めの治療・対症が必要です。そのようなことのないよう、このサイトを参考にされ、そのような症状が出た場合はしっかりとした対応をするようにしましょう。

Posted in 医療情報

弔電のお返事について考える

都合で葬儀に出れない方が弔電を送ることは、日本人の礼儀作法になっています。しかし、弔電を送る側の礼儀はいろいろと教わることが多いかと思いますが、弔電を受け取ったという場合についての礼儀作法はあまり伝えられていない気がします。気を使って電報を送られたのですから、お礼をするのは当然のことです。葬儀を行なっている時は気を回す余裕はないかもしれないのですが、葬儀が終わり、気持ちが落ち着いてきた時のお礼の作法については知っておくべきだと思います。

弔電は電報なので、お礼の連絡についても同じく電報で返すべきと考える人もいるかもしれません。しかし、葬儀の終わったあとのことなので、緊急を要する連絡と言うわけではありません。弔電のお返事は普通のお手紙で良いと言われています。

ただし、普通の連絡手段で良いからと言っても、メールなどでのお礼については無作法になってしまいます。手紙は手作業での心を込めたお返事という意味もあります。メールの文面を考えるのも一手間だとは思うのですが、ボタン一つでできるお返事は無作法と思われても仕方がないかもしれません。

また、弔電のお返事はしなくても良いという意見もあります。確かに義務こそ無いのですが、それはいかがなものでしょうか?言葉を送られた以上は返事をする事が人間の礼儀でありコミュニケーションというものなので、弔電のお返事はしたほうが良いと思います。

Posted in ライフ全般